カメラマンをしています。

ふかふかの夜に。

本業はフリーランスのフォトグラファー。ここを日記のように使っています。誰かに見せたいものじゃなくて、自分が忘れたくない気持ちを置いとくところ。たまに写真や仕事のこと。

セキュリティはガバガバで古くて煩くて怖いけど。

f:id:suyasuyachang:20200427203323j:image

自宅を引っ越して七日経った。


引っ越す前の家は、

オートロックがついていて防音も素晴らしく

ペットもOKで、エレベーターで

チワワやトイプードルに会えた。

宅配ボックスがあって駅近で

天井の高いエントランスには革張のソファが並び

割と綺麗なマンションの狭い部屋だった。

割と綺麗で、私の借りていた部屋は

余白が足りない1Kだった。せまかった。

そばには高速道路があって空気が汚れてて

洗濯物も外に干せないどころか

ベランダの窓を開けるのも抵抗があった。

 

とにかく仕事場の近くに…

ちょっと広さを…と探し求めた今の家は

セキュリティはガバガバで、チクフルビルの低層階

築古な、ビル。ヽビル!/

 

越してきた当初は、部屋にいても

外の音が近すぎて怯え、共用部に貼られた

「ドア、窓破壊による空き巣が多発しています」

の張り紙が怖すぎて怯え、古い建物特有の気配が

気になって怯え、入浴も食事も眠ることもままならなかった。


しかもなんということか、

ビルの扉はいつも開け放たれている。   

落ち葉がやすやすと入り込んでるのを見ると

夏は、その、人間でなくてあれも、

簡単に出入りするんだろうな…と思う。

取り急ぎネットで、そっち対策グッズと

防犯グッズを買い込んだ。


部屋は、8畳のLDKと13畳の洋室の戸を開け放ち

何もないワンルームのようになった。

リノベーションされた空間の壁面には

奥行きの見事な驚くほど巨大な収納があって、

文字どおり、私のもちものは全て、

ほんとうに全て、チェストも書棚もまるごと

飲み込まれた。

恐ろしいことに収納にはまだ余白がある。

 

今、LDKには食器棚。収納力のヤバい洋室には

ベッドと小さなサイドテーブル。

テーブルに椅子が二脚、以上。

ルンバすら収納の内部で充電されてる。

ガスコンロは、まだ無い。ビルだから自前!

 

重きを置く点はまちまちだと思うけど

今の私にとったら、ここに越してきて良かった。

と、思い始めてる。

古くてうるさくて怖いけど、朝も夜も昼も、

家で詩集を読むようになった。

詩は、元々とても好きなんだけど、

視界に物がちらつく狭い部屋では、

そんな気分になれなかった。

そのことにおどろいて、わざわざ、

家の比較をダラダラと書きました。

 

「家で詩がよみたくなる」それってかけがえない。

静かな気持ちを与えてくれた余白が嬉しくて、

思い切ってフリッツハンセンのアントチェアを

4脚購入した。中古だけど。3脚はスタジオへ。

 

チクフルビルの空気を変えたくて

マジックボールだけでは心許なくて

ニトリのアロマを焚きながら、ダメ押しで

羽衣ジャスミンの苗まで買い求めたのは

また、別の話。