カメラマンをしています。

ふかふかの夜に。

本業はフリーランスのフォトグラファー。ここを日記のように使っています。誰かに見せたいものじゃなくて、自分が忘れたくない気持ちを置いとくところ。たまに写真や仕事のこと。

すべてはとても私の暮らしに反映されていく

f:id:suyasuyachang:20200620064039j:image
f:id:suyasuyachang:20200620064045j:image
f:id:suyasuyachang:20200620064314j:image

ある日、はてなブログのアプリをひらくと

いつのまにかログアウトしてて、

私も受動的なものだから

「ああ、そうか」と疑問も持たずに

その画面を閉じ、暮らしの片隅に寄せてた。


2週間も経つと

ふにゃふにゃと記録をつけたくなって、

またあの人のブログよみたいな、と思って

パスワード打ち込んでここにいる。


ここのところは忙しくしてた。

6月は毎日写真を撮る機会に恵まれて、

カレンダーを振り返ると一年前の今よりも

色んな人と色んな仕事をさせてもらっていて

あらためて、よかったな、と思う。

屋根の下、暮らすことができてる。

雨の音をききながら、そんな風におもえてる。

ここにいていいんだと少し感じる。


日々の細々を書くには時間が空きすぎたけど、

この2週間ほどは、はたらき、眠り、

梅雨が始まって、35歳の誕生日を迎えた。


その夜は大切な人と優しい対話のテーブルにつき

食事をして、

少しひしゃげた器量のいいケーキを食べた。

いまも、星くずがちりばめられたような時間を

過ごしてる。


1人で遠くに行きたいといつも思っていたけど、

それが自分の変わらない軸だと思ってたけど、

人生って楽しいね、とひそひそ声でささやきながら

この世界の小さな片隅を今とても広く感じてる。

そのことに驚いていて、泣きそうになってる。


昨日は久しぶりに、

コーヒーに砂糖とミルクを入れた。

 

自分の弱さや強さに応じて

人は世界にいろいろな反応を見せるのなら、

今の私は臆病者のままだけど

七年前よりは強くなった。

もう、同じことを繰り返さないぞと襟を正す。