カメラマンをしています。

ふかふかの夜に。

本業はフリーランスのフォトグラファー。ここを日記のように使っています。誰かに見せたいものじゃなくて、自分が忘れたくない気持ちを置いとくところ。たまに写真や仕事のこと。

私は私の六月に満足してる

f:id:suyasuyachang:20200701152236j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152252j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152228j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152241j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152248j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152231j:image
f:id:suyasuyachang:20200701152244j:image

7月が来た。あたらしい気持ち。

少し、驚いたことがある。


独身で一人暮らしでフリーランスの私は

これまでずっと時間管理がおろそかで、

帰宅が深夜になったり

食事がお菓子になるのが悩みだった。

だから、6月1日から1ヶ月間、

「5時台に起きて7時台に出勤して、

19時台には帰って23時には寝る」と

なんとなくの理想を謳って

日々のタイムカードをつけた。

勤務時間は長いけど、とりあえずそこは

気にしないことにしてみた。近く、おいおい。


そうすると、素敵な結果になった。

ひと月の間に帰社が21時を越えたのは2度だけ、

いちばん遅い日で22時。

15時に切り上げた日すらある。

それって私にとって、そして

フォトグラファーという職業にとって、

けっこうすごいことだと思う。


6月の仕事が暇だったのかと問われれば

とても忙しくて、28案件、撮影をした。

それはそれで尋常でなく多い。たぶん。


夜にお酒を飲まなくなって、

5時前に目が覚めるようになった。

食生活もほんの少し整って体調が良くなった。

土日も前より休めるようになった。

会社員時代より規則正しくなった。

朝型が、私にはとても合ってた。


ひと月の読書量もふえたし、

六月は美術館やギャラリーにいくつも行った。

日々の余白を自ら作ることができる感覚は、

なんだか憧れが叶っていく感覚と似てる。

とても静かでとても確かで、気づかぬうちに。

暮らしはちょっとしたことで整うし

ちょっとしたことで崩れる。


私は私の六月にとても満足している。