カメラマンをしています。

ふかふかの夜に。

本業はフリーランスのフォトグラファー。ここを日記のように使っています。誰かに見せたいものじゃなくて、自分が忘れたくない気持ちを置いとくところ。たまに写真や仕事のこと。

シュルシュルとゆるんでほどける音がきこえた。

f:id:suyasuyachang:20200707092605j:image


火曜日の朝、七夕だ。

週末の備忘録。

..

7/5土曜日、

朝、仕事のロケハンで都島へ。

とても素敵な場所で本番の撮影がすごく楽しみ。

うれしい。


帰りに友達の店「ドーナツキャンプ」に寄って

それはおいしいドーナツを20個買った。

(https://www.donut-camp.com)

帰社後は「四月のアップリケ」の撮影を

しようとするも、調子がどうにも悪くて

夕方までベッドにひっくり返り、

夜は約束のある神戸に行き、

メリケンヘッドクォーターズのゆうこさんと

GGCで食事をした。

スタッフの皆さんに昼買ったドーナツをさしいれた。

(https://www.merican-hq.com)


..

翌6日、日曜日。セミが鳴き始めた。

朝「仲直りの人」がプリンを持って家に来たから、

昨日買ったドーナツをグリルで焼いて

珈琲を淹れてプリンも並べ2人で朝食にした。


そのあとは、これから出かける先を

海か山のどちらかにするかの話をして山に決め、

車に乗って山の中の植物園に行き

花の解説やきのこの培養施設にはしゃぎながら

割に真剣にじっくり見て回った。


楽しいなあここ、と、何度も言いながら

にこにこ笑う目の前の人を見ながら

植物園でこんなに面白く過ごしてしまうその人に

私はなんだか感動してしまった。

小さな星の形をした花の苗を買って夙川に移動して

テラス席でパンを食べてジュースを飲んだ。


帰り、明日の仕事は早いのかときかれ

ホテルの部屋を取ってると教えてくれた。

その場所には、

ふかふかの絨毯が敷き詰められていた。

ソファで珈琲をのんで部屋に戻り、

桃をつまみながらシャンパンを開け

これは恐ろしいゲームだ…と言い合いながら

トランプで「真実か挑戦」をした。

夜はただ、眠るまで手を繋いで話をした。

いつまでも耳を傾けてくれた。

短い結婚や仕事のどくりつ事務所のたちあげ

エトセトラ、会ってなかった7年間に起きた

わたしの出来事をその人は

「自分で決断してきたこと」は「すごい事」

だとねぎらって、よくがんばったね、と

言った。


写真の仕事をがんばってる君を好きだけど、

もう疲れた、となった時は僕が守る、

と言われたとたん、

身体の中からシュルシュルと、

張ってた気がゆるんでほどける音がきこえた。

ここまで安心して良いものなのかとびっくりもした。


いつの間にか眠っていて、

もったいないけど、翌朝は6時前に

チェックアウトして仕事に向かった。

まだそこにいたかったけど

これから始まる撮影のことも、ちゃんと楽しみだった。